家賃を保証します|マンション経営で新しい道が切り開く|岐路に立ったら
メンズ

マンション経営で新しい道が切り開く|岐路に立ったら

家賃を保証します

紙幣

物件の一括借り上げ

テレビのコマーシャルなどで、30年間一括で借り上げるなどのコマーシャルが流れてきています。これはサブリースと呼ばれているもので、不動産管理業者が賃貸物件を長期間一括で借り上げを行って、転貸することです。一括で借り入れてくれるので入居者の募集や管理の手間を省くことができるし、空き室ができてしまっても家賃保証をしてくれることになっています。部屋やマンションを借りた人は賃料を管理業者に払いますので、管理をしている業者は空き部屋が出てきても、家賃保証にのっとって大家さんに家賃保証をすることになります。空き部屋が多くなると大家さんの収入が減るため、管理業者に依頼して、サブリース契約を結ぶ大家さんも多くいます。

よく考えて活用

一見よさそうに見えるサブリースですが、この制度にもデメリットがあります。この契約を結んでから数か月間は、大家さんにサブリース料が支払われないよいう免除期間が設定されていることがあります。また契約を更新するときに、賃貸の状況に合わせてサブリース料を改定する業者もあるため、改定するときに減額されてしまうと収入が減少することになります。またリフォーム料は大家が負担しなければならなかったり、家賃の10%程度を管理報酬として業者に支払わなければならないなど、大家さんの金銭的な出費が増えてしまうこともあります。サブリースについては将来的に初めに見込んだ通りの家賃保証が得られるとは限らないということを踏まえて、活用を検討してみてください。