しっかりと利用するために|マンション経営で新しい道が切り開く|岐路に立ったら
メンズ

マンション経営で新しい道が切り開く|岐路に立ったら

しっかりと利用するために

相談

どのように使えるのか

サブリースは、不動産会社が貸主の賃貸物件を一括で借り上げ、入居者に転貸するシステムで、アパートなどの新築時に契約することが多いです。貸主は入居者の有無に関係なく、一定の家賃収入が保証されます。それによって入居者がいない場合のリスクを回避でき、さらに家賃の集金などから開放されるメリットがあります。賃貸物件の長期的な入居率には、立地や物件の質が大きく影響します。したがって、サブリースを利用する場合でも、そういった条件を見極めることが、将来も安定した家賃収入を得ることに繋がります。しかし、家賃収入が保証されることだけを強調して、安易にアパート建設を勧めてくる業者も多いので、サブリースの契約では、業者の選択が非常に重要になります。

契約前に確認しておくこと

サブリースを活用するためには、事前に考えておくことが幾つかあります。例えば、約2年毎に家賃の見直しが行われるため、貸主に支払われる家賃が減る可能性があります。したがって、サブリース契約により家賃収入は保証されますが、将来的に金額は減少することを考えておきます。また、修繕費や修復費などは、貸主の負担となる場合が多いので、契約前にしっかりと確認しておきます。免責期間は、その期間に入居者がいない場合には家賃収入がないので、その期間がどの程度なのか注意します。契約期間、契約賃料、契約更新、免責期間、原状回復費用などについて、詳しく検討しておくことが重要です。しっかりと準備をして、納得のいく契約をしましょう。