賃貸経営は手軽にできます|マンション経営で新しい道が切り開く|岐路に立ったら
メンズ

マンション経営で新しい道が切り開く|岐路に立ったら

賃貸経営は手軽にできます

説明

業務の手間がなくなります

金融政策の影響で、近年の日本では預貯金中心の資産管理から金融投資への移行が増えています。様々な投資対象があるなかで、不動産投資は利用者が拡大しています。不動産自体に高い資産価値がある上に、活用次第で安定した収入に繋がりやすいからです。代表的な利用事例として、マンションやアパート等の賃貸経営が挙げられます。ただし、賃貸住宅は、通常の住宅より規模の大きい建築物です。そのため、賃貸物件の維持や管理には、多大な労力を伴います。しかし、不動産管理会社の一括借り上げを利用すれば、契約した事業者が煩雑な業務をすべて担当します。つまり、一括借り上げの利用は、入居者募集から物件管理までの賃貸経営に関する心配をしない収入確保に繋がります。

家賃収入が安定します

賃貸住宅の入居者は、居住期間中に家賃を支払い続ける必要があります。ただし、入居者の素行や経済状況次第では、家賃を滞納する可能性があります。つまり、物件の所有者は家賃を受け取る権利を持っていても、実際に収入を確保できるとは限らないリスクがあります。一方で、個人で家賃滞納の交渉に当たると、トラブルに繋がることが珍しくありません。一括借り上げのシステムは、一般的に不動産管理会社が物件の利用料を支払う代わりに家賃徴収を担当します。したがって、家賃滞納の心配をしないで済むので、収入が安定します。また、入居者の有無に関係なく、物件の利用料は発生します。そのため、空室による収入減少がない点も、一括借り上げのメリットです。